タイムカードによる勤怠管理のメリットとデメリット

category01

タイムカードによる勤怠管理は、コストをかけずに手軽に導入できるということがメリットでしょう。

また、昔からある勤怠管理の方法なので、使い方がわからないという人はほとんどいないでしょう。
使い方がわからなくても、基本的にはタイムレコーダーに指すだけですので、すぐに覚えられます。
タイムレコーダーは安いものならば数千円で売っているので、導入のためのコストはほとんどかかりません。


また、パソコンやインターネットに接続している環境も必要ないので、小さなタイムレコーダーを置いておける場所さえあれば、どこにでも設置できます。
重さや大きさも片手で持てる程度のものですので、持ち運びも簡単です。



10人〜20人程度のアルバイトを雇いたい場合などには、低コストで手軽に導入できるタイムカードがおすすめです。
月に一度の給料計算の時に人件費がかかるという意見がありますが、10人〜20人程度ならば、集計にそれほど時間はかからないでしょう。

デメリットとしては、100人規模の会社にもなると、集計がそれなりに大変になってしまうということがあげられます。

人気上昇中のgoo ニュースの人気度が上昇しています。

人件費がかかりますし、人間の手による計算なのでどうしてもミスが出てしまいます。


また、他人がタイムカードを指すことも比較的容易なので、不正がしやすいということもデメリットとなります。



残業代の未払いのトラブルは頻繁に起きていますが、必ずしも企業側が悪ではなく、労働者側が不正をしているというケースもあります。

タイムカードの需要はまだまだ無くなりませんが、今後は勤怠管理システムのほうが主流になっていくと予想されています。

意外な真実

category02

いかに労働時間をしていくかというのが経営者側の課題として近年問題になっています。以前から行っているという会社も多い一方、中小企業を中心に行ってこなかった、経営者が直接管理をしてきたから特段の問題はなかったなどのケースが一般的でした。...

subpage

企業の情報まとめ

category02

企業にとって勤怠管理は非常に重要な基礎的な作業となります。雇用している従業員がどのように働いているのかという点については給料に直結する問題であるため、少ない手間で正確に勤怠管理をする方法を構築する必要があります。...

subpage

学びたい知識

category03

企業が社員に関して行う全ての管理活動を「労務管理」と呼びますが、そのうち社員ごとに出勤時間・退勤時間を把握することで、1日の労働時間・残業時間などの管理をしたり、通常の出勤なのか臨時の出勤なのか、年次有給休暇や代休を取得したのかなどの勤務・休暇日数を管理したり、といった労働時間の管理を行うのが「勤怠管理」です。勤怠管理では正社員だけでなく、契約社員、パート・アルバイトなど、全ての社員などが管理対象となりますので、雇用契約や勤務形態、勤務時間など、さまざまな形態に対応して管理する必要があります。...

subpage

人に言いたい企業

category04

企業にとって勤怠管理は必要不可欠な業務の1つです。従業員を雇用する場合にはいつ、どの時間に働いたのかということを一括して把握することが求められます。...

subpage